講師にメールを送る勉強方法

書く英文は何でも良い

英文は日記でも何でも良いので、日常会話で使う英語を覚えやすいと言われています。
仕事で英語を使えるようにしたいと、思っている人がいるでしょう。
その場合は、ビジネスで頻繁に使用する機会が訪れる英文を添削してもらってください。
間違っている部分があったら、講師の説明をよく読んでください。
講師に、質問することができます。

独学をしていると、わからない箇所が出てくると思います。
答えを見つけるのに、時間が掛かってしまうかもしれません。
講師に聞いた方が手っ取り早いですし、確実な答えが分かります。
独学も良いですが、間違って認識してしまう可能性があると覚えておきましょう。
講師の力を借りると、確実な英語を身につけられます。

どんな講師が良いか調べる

講師は海外の人もいれば、日本人の講師もいます。
英語を習うのであれば、海外の講師の方が良いと考えている人がいるでしょう。
確かに本場の英語を学ぶことができますが、難しすぎて修正された部分を、理解できないことがあります。
またコミュニケーションが、全て英語になることを忘れないでください。
質問する時も、梨英語を使わなければいけません。

英語を勉強し始めた初心者は、日本人の講師に添削を依頼した方が良いかもしれません。
すると日本語でコミュニケーションが取れるので、わからないことを日本語で聞けます。
講師の説明も日本語で書かれているので、間違いなく認識できます。
講師を自分で選択できるので、よく考えてから選んでください。


▲ TOPへ戻る